東京都足立区のアーユルヴェーダサロン 北千住駅から徒歩2分

RuCitta

WEBで予約する

menu

10:00〜22:00 (最終受付:20:00) 不定休/完全予約制

03-5284-9392

facebook

サービス紹介

Service

心理カウンセリング(コアトランスフォーメーション)




心の傷や、改善したい行動・感情を、根本から急速に変え、健全で幸せな状態が自然に感じられるようになることを目的とします。







コアトランスフォーメーションプロセスとは...





  • 心の傷を癒すこと

  • 人生の目的を達成すること

  • 人間的成長のために改善したい思う習慣、行動や感情と向き合うこと


これらを通じて、自分自身の存在の深みにたどり着く「旅」のこと。


コアトランスフォーメーションは、ポジティブシンキングやアファーメーション(肯定的な断言を繰り返すことで、潜在意識に働きかけ現実のものにしていくこと)といった、外側から表面だけを変えようとするものではありません。






問題がないふりをしたり、何かを感じるふりをしたり、必ず良くなってみせると何度も自分に言い聞かせたりする方法とも異なります。


外側からではなく、内側から働きかける方法です。


心の傷や、改善したい行動・感情を、根本から急速に変えていく...


同時に、コアトランスフォーメーション(内面のコアな部分が変容すること)を体験することによって、健全で幸せな状態が自然に感じられるようになる...


それが、コアトランスフォーメーションプロセスです。


コアトランスフォーメーションプロセスは、NLP(神経言語プログラミング)の、
≪同じ体験をしても、人によって受け取り方が異なる。その主観的経験の捉え方を変えていく≫
という考え方がベースになっています。




コアトランスフォーメーションの特徴


特徴1. 無意識

普段私達は、歩く時にどちらの足からどのタイミングで、どの筋肉を使って...等とは意識をしていませんが、目的地までたどり着くことができます。
まばたきや呼吸も、意識せずに行っています。
同じようにに、気づけばイライラしている、知らないうちに悲しい気分になっている...


これらはすべて、私達の無意識によるものです。意識の下で、常に無意識が動いています。


「意識」で変えようとしても、「無意識」が知らないうちに動いてしまう...
なので、「意識」ではなく「無意識」にアプローチしていくのが、特徴の1つです。



特徴2. パート

街中を歩いていて...「あ、あのバッグ素敵だな欲しいな、でも高いな」と思った時...
あなたの中には”バッグを買いたい”というパートと、”節約したい”というまた別のパートが存在している、と考えます。


その他にも、「自信を持っていたいのに悲しみを感じる」というとき...
あなたの中には、”自信を持っていたい”というパートと”悲しい”というまた別のパートが存在しています。


そして『どのパートも、私達のために何かしてくれようとしている』...


私達の中にはたくさんのパートが存在していて、そのパ―トはそれぞれ、私達のために何かしようとするポジティブな意図がある...
そう考えるのが特徴2つ目です。



特徴3. パートのより深い目的/意図

各パートは、外面的なものではなく、”内面的で深く根源的な状態”に至ることを欲していて、その状態にパートを満たしてあげることが重要...
というのが特徴の3つ目。


各パートが私達のために願っている最も深い状態に、パートを満たしてあげることにより、
心の傷や、改善したい行動・感情を、根本から急速に変えていく...


同時に、コアトランスフォーメーション(内面のコアな部分が変容すること)を体験することによって、健全で幸せな状態が自然に感じられるようになる...


それがコアトランスフォーメーションです


コアトランスフォーメーションがもたらす結果




習慣・行動面


  • 習慣的だった行動に関して、選択できるようになる

  • 行動を変えることがずっと容易になる

  • 自分の価値観に沿った行動ができる



コアトランスフォーメーションがもたらす結果


人間関係


  • 競争する必要性を感じない、自分も他人も肯定でき、他の人をあるがままに容認できる

  • 自分の欲求や希望を自由に表現でき、追求できる。同時に、人の欲求も考慮することができる

  • 人と一緒にいて楽しい

  • 相手に依存しなければ幸せになれないかのように感じることなく、人間関係を続けていくことができる

  • 他人の弱点を知りつつ、適切に信頼できる

  • 自分が選択権を持つ物事に対して、選択した責任を持つことができる

  • 他人に注意が集まっても自分に集まっても、どちらもOKである

  • “正しく”あらねばならない、ではなく、真実を追求することができる

  • 自分や他人の間違いや弱点から学び、許すことができる

  • 他の人があなたをどう思おうと、OKである

  • 自分と他人にもっと正直になる

  • 他の人に対して、より親切になり、思いやりを持てる


自分のイメージと成熟


  • 自分に対して、より親切になり、思いやり深くなる

  • 自分がなりたい人に近づく

  • 自分の良さがわかる

  • 他人の意見や反応を受け入れるのに十分な安心感を持つ

  • 他の人と同じという感覚がある

  • 自己評価が高い

  • 自己同一感(アイデンティティ)がある

  • 統一感がある

  • 全体感、バランスが取れている感じがある




Webで予約する 電話で予約する

Page Top