東京都足立区のアーユルヴェーダサロン 北千住駅から徒歩2分

RuCitta

WEBで予約する

menu

10:00〜22:00 (最終受付:20:00) 不定休/完全予約制

03-5284-9392

facebook

ブログ

Blog

選択した時、既に結果は決まっている!?

おはようございます!
RucCittaのきひろです♪

 

昨日のBlogでご紹介した、ババジから教えてもらったバガヴァット・ギーター...

今日はその中からほんの一部をご紹介します♪

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

正義感が強い戦士アルジュナと、欲が強く盲目のドゥリヨーダナが、戦争をすることになりました。
そこで2人は各々、神を味方につけようと、クリシュナ神の元へお願いしに行くことにします...

 

ある朝、ドゥリヨーダナが先にクリシュナ神の元に着いたのですが、クリシュナ神はまだ就寝中。
枕元に座って起きるのを待つことに。

そうしていると、アルジュナが到着しました。
クリシュナ神が眠っているのを見て、まだクリシュナ神とドゥリヨーダナが話をしていない事を知りホッとしながら、クリシュナ神の足元に座りました。

 

クリシュナ神が目覚め起き上がり、まず足元にいるアルジュナに気付き、

クリシュナ(K):『お、アルジュナ、何してるんだ?』

アルジュナ(A):『戦争が始まるので、あなたに味方について欲しくお願いにきました』

ドゥリヨーダナ(D):『私もココにいます、私の方がアルジュナより先に着いて待っていたのです。だから、私の味方についてください』

K:『よし、では2つの選択肢を与えよう。1つは私自身が味方につくこと。但し、私自身は一切戦わず口を出すだけだ(クリシュナはとても強い戦士でもありました)。もう1つは、私が育ててきた強い軍隊が味方につくこと。このどちらかを選びなさい。』

D:(心の中で)≪クリシュナ自身が戦ってくれないのであれば、強い軍隊を味方につけた方が勝つに決まっている。先に待っていた私に選択権があれば、絶対に軍隊を希望するのだが...≫

K:『ドゥリヨーダナよ、若者アルジュナに選択権を与えてあげなさい。それに私が先に気づいたのはアルジュナだったのだし(笑)』

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

さぁ、アルジュナはどちらを選んだと思いますか?

 



 

 

はい! クリシュナ神を選びました!!!
勿論、ドゥリヨーダナは軍隊を味方につけられて大喜び!!

 

 

そして最終的には....(ネタバレになりますが...)
軍の数では圧倒的に負けていたアルジュナが勝利をおさめます。

 

 

ここでこの経典が教えてくれていること...

 

”軍隊” があらわしているのは【物質
物質的なものは、一時的なものでしかありません。

 

お金、家、車...
それらを求めて手に入れたとしても、これら物質的なものから愛が得られるわけではなく、更に永遠なものでもなく、いずれ必ず手元を離れていきます。(死んでしまえば何も残りません)

 

そして、"クリシュナ神" があらわしているのは【唯一無二の愛】。
神は永遠で愛しいもの。

 

 

このストーリーでは、《何を選択するか》ということと共に、


《選択した時に、既に勝負は決まっている》


ということも教えてくれています。

 

何か選択した時に、この選択は物質欲に偏っていないか、
正しい選択なのか...

今一度振り返ってみようと思います♪

 

でも、心が曇っていたら...

心の中に毒素が溜まっていたら...

 
身体と同様、うまく心は働けません...
正しい選択をしたくてもなかなかできません(>_<)

 

心を曇らせずキレイにしておくことで、アルジュナのような正しい選択をできるように...心を浄化するには、《瞑想》がGood(*^^*)


(他にも、チャンティング、ギーターのような経典を学ぶこと、スピリチュアルな人と関わること等...だそう)

 

そしてなんと!
ハーブのBrahmi(ブラフミ)、Shankhpushpi(シャンクプシュピ)、ギー、アーモンドは、
心の働きを良くしてくれるそうです!!!

 

≪サロンのご予約≫
コチラ♪

≪♥人気の3大コース♥≫
コチラ♪

≪商品ご購入≫ お買得価格で販売中!
コチラ♪

≪お知らせ情報やBlogのご購読≫
トップページの最下段よりご登録をどうぞ♪

ブログ一覧に戻る

Webで予約する 電話で予約する

Page Top