東京都足立区のアーユルヴェーダサロン 北千住駅から徒歩2分

RuCitta

WEBで予約する

menu

10:00〜22:00 (最終受付:20:00) 不定休/完全予約制

03-5284-9392

facebook

ブログ

Blog

♡火を通すことの大切さ♡

おはようございます!
RucCittaのきひろです♪

 

少し前に、アーユルヴェーダの先生に言われた言葉...

『生野菜を食べるのはヤギだ。人間の食べるものじゃない。』


 

”えっ!!!!”


それを聞いて爆笑してしまいました(*^^)v

何故ならその日のランチに、ちょうど!
生のレタスが豊富な、お豆やスモークチキンが入ったサラダボウルランチを食べていた私...(笑)

 

でも同時に、

『えっ!?生だからこそ生きた酵素がたくさん含まれのでは?』と質問!

確かに、生きた酵素の事だけを考えれば、生野菜に多く含まれる。
しかし、生きた酵素だけではなく、トータルで考える必要があると...

 

トータルで考えるなら、火を通して消化しやすい状態にした方が身体に良いと...


 

そういうものなのか...

でもよくわからないな...

 

そこで...
試しにそれからしばらく、できるだけ生を避け、火を通すようにしてみました...

 



↑ オクラのトマト煮

 

 



↑ なめことレタス炒め

 

 

そこで感じたこと...

◇ より美味しく感じる
◇ スムーズに胃までおちていく(”頑張って食べている” 感じがない)
◇ 消化の負担が小さい(これまで感じていた ”頑張って消化している” 感じが減った)


そして...
◇ 翌日の便の調子がより良い


 

”なるほど、そうゆうことか!”

最近やっと、自分の体感を持って、

『生野菜を食べるのはヤギだ。人間の食べるものじゃない。』

を理解し出しました(*^^)v

 

 

特にもし、便秘気味、便そのものの調子がいまいち、食べた後のもたれが気になる、
といった方は、生野菜の摂取量を減らすことが、一つの選択肢かもしれません♡

しかし、人によっては... 元々アグニ(消化の火)が強ければ、
生野菜でも比較的身体への負担なく摂取できる方もいらっしゃいます。

ご自身の身体と相談してみてくださいね(*^^)v

 

≪サロンのご予約≫
コチラ♪

≪♥人気の3大コース♥≫
コチラ♪

≪商品ご購入≫ お買得価格で販売中!
コチラ♪

≪お知らせ情報やBlogのご購読≫
トップページの最下段よりご登録をどうぞ♪

ブログ一覧に戻る

Webで予約する 電話で予約する

Page Top